ピースボート世界一周体験

ピースボートに乗って世界一周をした体験記です。 費用やツアーなどの料金、ボランティアなど実体験をもとに情報を提供します。
管理者ページ 
ピースボート

ピースボート60回クルーズ(60th Peace Boat)に乗船して

当サイトはピースボートの第60回クルーズにて
世界一周した実体験をもとに費用や料金をはじめ、
船内生活、ツアー、寄港地などの情報をまとめたサイトです。

これからピースボートに乗ろうとしている人、
乗ることを決めた人などに情報提供できればと思います。
ピースボートに関係なくても、私が訪れた各寄港地に
行かれる方には情報提供できるかと思います。


主なコンテンツ
 費用、料金

 こうして乗船しました
  持っていった現金、何を持っていったか、ツアーは何をとったかなど

 寄港地情報
  香港から始まり、ダナン(ベトナム)、シンガポール、セイシェル、
  モンバサ(ケニア)は行けずにリチャーズベイ(南アフリカ)、
  ケープタウン、ウォルビスベイ(ナミビア)、リオデジャネイロ、
  ブエノスアイレス、フォークランド(マルビナス諸島)、
  ウシュアイア(アルゼンチン)、南極、プンタアレナス(チリ)、
  バルパライソ(チリ)は個人的に飛ばして、ペルー、サンティアゴ(チリ)、
  イースター島、タヒチ、オークランド(ニュージーランド)、シドニー、ラバウル
 
 一時離脱(オリジナルオーバーランドツアー)
 ※寄港地に着いたら船を下りて、現地を見て回り、
  同じ港からまた船に乗って移動するのが普通ですが、
  次以降の港まで自力で移動して合流することを一時離脱といいます。

 船内生活(トパーズ号)
 
 航海日誌、寄港地日記
  108日間の軌跡です。

 諸情報(後日、追加予定)

 ピースボート用語

更新情報
直近

かなり久々に当時の日記を更新。
3年前の日記を今頃更新するのはどうかと思いつつも
途中でほったらかしも気持ち悪いので、最後まで書きます。

直近

だいぶ久しぶりに更新
深夜特急を読んで旅が懐かしくなりました。

半年振りに更新。
マイペースで60回クルーズの航海日誌、旅日記を更新中。
だいぶ止まってますが。。。
どうやら、80日で99万円のクルーズが出たようです。

ちなみに旅日記の写真は寄港地や一時離脱のページにある写真と
なるべく重複しないように注意して載せてます。
同じ写真を載せるのもつまらないですしね。

2008/11/20
費用におかしな点がありましたので、修正しました。
寄港地にてかかった費用
105,256円→141,256円
リチャーズベイでかかった費用
468円→58,468円

修正理由はケニアのサファリツアーがなくなり、
その分をリチャーズベイのツアーに変更したのですが、
その差額だけを費用として計上していたためです。
全体の費用は計算上、問題ないため変わりません。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピースボートに参加しようかしまいか迷っている人もいるだろうが、 ピースボート船内見学会というのが2015年の12月に行なわれるそうなので、見学してみるといいかもしれないですね。

といっても、そこまで行ったら迷っているというより、心の中ではほぼ決めていて、きっかけというか背中を一押ししてもらいたいような状況かなと思えます。

人生、一回きりなので、迷っているなら行ってみては?と思います。一人でバックパックも面白いので、旅行目的ならそのほうがいいかもしれませんが。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。